後藤鍼灸整骨院

TEL.092-611-0107

  • 平日:午前9時-12時半 / 午後3時-8時
  • 土曜:午前9時-午後5時 ※日・祝休診

福岡市博多区吉塚の
治療が得意な鍼灸整骨院

治療メニュー

どんな怪我?

主な症状は、肘の曲げ伸ばしなど動かした時の痛みや可動域制限とされていますが、痛みも可動域制限も症状がまったくないケースもあります。重症化し軟骨が剥がれ落ちると、いわゆる「関節ねずみ」と言われる関節内遊離体になり、ロッキングなどの症状を誘発することもあります。
成長期の小中学生に多く発症します。

原因は?

原因として、スポーツなどにより繰り返される肘への過剰なストレスや、外傷により軟骨の下の骨に負荷がかかる事と考えられています。
肘離断性骨軟骨炎(OCD)を発症する方は、ほとんどが股関節をはじめとした全身的な柔軟性が欠如しており、この柔軟性の欠如がオーバーヘッド動作や投球動作においてスムーズな動作を阻害し、肘へのストレスを増大させていると考えられます。

当院での治療方針

痛みがある時は投球禁止となります。物理療法などで痛みの改善を行いながら同時に、過剰な肘へのストレスを起こす身体の弱さ、動きの悪さを改善していきます。
重症化した場合手術を行うこともあり、投げられない程の痛みがあると復帰までの時間も長くなることから、肘の可動域に左右差がみられる場合や、違和感がある場合には早期の受診をオススメいたします。

当院スタッフより

写真:鈴谷 晃平

鈴谷 晃平

Suzutani Kohei

重症化した場合手術を行うこともあり、投げられない程の痛みがあると復帰までの時間も長くなることから、肘の可動域に左右差がみられる場合や、違和感がある場合には早期の受診をオススメいたします。

イラスト:肘の痛み

肘の痛みに関する他の疾患

内側側副靭帯損傷
前腕コンパートメント症候群
line

気になる症状を
ご相談ください!