後藤鍼灸整骨院

TEL.092-611-0107

  • 平日:午前9時-12時半 / 午後3時-8時
  • 土曜:午前9時-午後5時 ※日・祝休診

福岡市博多区吉塚の
治療が得意な鍼灸整骨院

治療メニュー

どんな怪我?

三角線維軟骨複合体(triangular fibrocartilage complex: TFCC)は手首尺側(小指側)に存在する軟部組織で、三角繊維軟骨とその周囲の靱帯構造からなる線維軟骨-靱帯複合体です。
手関節の尺側の支持性、手首の各方向の運動性、手根骨-尺骨間の荷重伝達・分散・吸収に寄与します。
転倒・転落・交通事故などによる手首の捻挫による損傷が原因で生じます。
症状として手関節尺側(小指側)の圧痛(押したときの痛み)や運動時の痛み、ドアノブを回す動作をしたときの痛みがあります。

原因は?

けがによるものと、加齢に伴うものに大別できます。後者では、無症状のこともあります。
TFCC損傷の主な原因は外傷です。手関節部の強い衝撃や手関節への過剰な負荷の繰り返しにより起きるので、野球やテニスなどのスポーツが原因となることが多い。
また、転倒や作業中の外傷による靱帯損傷や、手関節の酷使によっても同様なことが起こります。加齢による変性損傷によっても発生します。

当院での治療方針

当院では痛みが強い場合は超音波や特殊電気療法で痛みのコントロールを行います。
同時にテーピングなどで固定し安静にしてもらいます。
痛みが落ち着いてくると徒手療法で関節を動かしていきます。

当院スタッフより

写真:森 直紀

森 直紀

Mori Naoki

なかなか馴染みのない病名だと思います。この疾患はリハビリをしっかりしないと手首がずっと動かしずらいままになる事が多いです。
そうならない為にも全力でサポートしていきます。

イラスト:手首・指の痛み

手首・指の痛みに関する他の疾患

line

気になる症状を
ご相談ください!