後藤鍼灸整骨院

TEL.092-611-0107

  • 平日:午前9時-12時半 / 午後3時-8時
  • 土曜:午前9時-午後5時 ※日・祝休診

福岡市博多区吉塚の
治療が得意な鍼灸整骨院

治療メニュー

どんな怪我?

オスグッド・シュラッター病とは、小学生から中学生といった成長期に起こるスポーツ障害の1つです。
とくにバスケットやバレーボールなどのジャンプが多いスポーツやサッカーをしている子供によく見られます。スポーツをあまりしない人でも発症する場合もあります。
主な症状として、膝のお皿の下辺りが痛み、走ったりジャンプ動作、スクワットなどで痛みます。中には骨が隆起(出っ張ってくる)事もあります。

原因は?

原因としては、競技動作での使いすぎや、成長している中で筋肉のバランスが崩れることによって、身体の柔軟性が低下する事だと考えられます。

当院での治療方針

当院ではまずは痛みの軽減・消失を目的に物理療法を中心とした施術を行います。
痛みの治療としてはしっかり休みを取ってあげることが大切なのですが、太ももの前の筋肉の働きだけが原因ではなく股関節や太ももの裏側の筋肉を上手く使ってあげることで、膝にかかるストレスを分散し痛みを和らげるだけでなく早期回復につなげることができます。
痛みが落ち着いてくると、運動療法で正しい股関節や脚の使い方を学習することで早期回復、再発予防に努めます。

当院スタッフより

写真:鈴谷 晃平

鈴谷 晃平

Suzutani Kohei

小学生から中学生といった成長期に起こります。
膝の下の骨が突出してきてびっくりされる方も多いですが、しっかりと治療すれば完治します。気になる事があればなんでもご相談下ください。

イラスト:膝の痛み

膝の痛みに関する他の疾患

ランナーズ膝(腸脛靭帯炎)
ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)
前十字靭帯損傷
内側側副靭帯損傷
半月板損傷
膝蓋骨脱臼
変形性膝関節症(OA)
line

気になる症状を
ご相談ください!