後藤鍼灸整骨院

TEL.092-611-0107

  • 平日:午前9時-12時半 / 午後3時-8時
  • 土曜:午前9時-午後5時 ※日・祝休診

福岡市博多区吉塚の
治療が得意な鍼灸整骨院

治療メニュー

どんな怪我?

一般にアキレス腱炎は剣道や陸上、ジャンプスポーツなど運動選手に多くみられます。
ダッシュやジャンプの着地、ストップ動作など、多くのスポーツ場面で負担が集中しやすい箇所の1つです。走るときなどにふくらはぎの筋肉が足の裏を踏み返す動き、つまり地面を蹴ってつま先立ちになる係しています。運動で繰り返し負荷がかかった後に十分な回復期間をとらないと、アキレス腱の炎症が起こることになります。
運動をしているときや座っていて歩き始めるときに、ふくらはぎからかかとのあたりにかけて痛みを感じることがあります。ほかにも、アキレス腱を軽く触ると、痛みを感じる以外に腫れていることがあります。

原因は?

アキレス腱炎とは、いわゆる「使い過ぎ(overuse)症候群」の状態ですが、アキレス腱に過剰な負担がかかる原因には、体の使い方や靴・路面、競技の練習量やその内容などが影響します。
ほとんどの方が地面へ足が着く際に、正しく地面に接地する事ができず、床にぶつかっている様な状態で接地している事が多いです。それで今までと同じ運動をしていても負荷がアキレス腱へかかりすぎてしまい、使い過ぎの状態になっています。

当院での治療方針

当院ではまずは痛みの軽減・消失を目的に物理療法を中心とした施術を行います。
痛みが落ち着くと、原因にもありましたが、正しく地面に接地する為のエクササイズをしていきます。地面に正しく接地できていない状態ですので、地面からの衝撃を緩和させる機能が低下している為、股関節、膝関節、足関節の連動した正しい動きを再教育していきます。

予備知識

アキレス腱の故障というと、お父さんが運動会で急に全力ダッシュをしたり、またテニスやバトミントン等素早い動きが求められる球技で急に”ブチッ”といってしまうイメージがあります。これはアキレス腱の完全断裂になります。
アキレス腱断裂だと断裂の瞬間は「ボールが当たった」「後ろから蹴られた」ように感じ、痛みが生じます。

当院スタッフより

写真:平野 本気

平野 本気

Hirano Maji

アキレス腱の故障というとお父さんが子供の運動会で急に全力ダッシュをしてと良く言われます。
スポーツ選手でも多く、stop&goが多い競技でよくあります。
アキレス腱の怪我は長くかかることも多いので早めのリハビリが早期回復の鍵になります。

イラスト:太もも・ふくらはぎの痛み

太もも・ふくらはぎの痛みに関する他の疾患

line

気になる症状を
ご相談ください!