後藤鍼灸整骨院

TEL.092-611-0107

  • 平日:午前9時-12時半 / 午後3時-8時
  • 土曜:午前9時-午後5時 ※日・祝休診

福岡市博多区吉塚の
治療が得意な鍼灸整骨院

治療メニュー

どんな怪我?

多くは小学生〜中学生頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。いわゆる疲労骨折です。
「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返して腰椎をそらしたり、回したりすることで起こります。
腰の痛みがなかなかとれなかったり、痛みが強くなったり、弱くなったりを繰り返してる場合は、腰椎分離症を発症していることが多いです。
そのままにしておくと腰椎分離すべり症といって、神経を傷つけ、しびれがとれず、最悪の場合OPEをしなければならないこともあります。

当院での治療方針

当院ではまず物理療法などで痛みをコントロールさせ、特殊電気治療器を使用して骨癒合を促進させます。
次に原因でもある間違えた動きを改善していきます。
動かなければいけない所を動かし、安定させる所を安定させる。使っていない筋肉、使いすぎている筋肉のバランスを整え、身体本来のあるべきところで正しい動作を再習得します。そうする事で腰への過度なストレスがかからない様になり痛みが出ない身体を作り上げていきます。分離症があっても強い痛みや日常生活の障害なく生活できる場合が大部分です。

当院スタッフより

写真:鈴谷 晃平

鈴谷 晃平

Suzutani Kohei

小学生〜中学生のスポーツをしている子に多いです。
お子様が長期間、腰が痛いと言っている場合は要注意です。早めに受診されてください。
症状が進行し、手術が必要な場合も出てきます。

イラスト:腰の痛み

腰の痛みに関する他の疾患

line

気になる症状を
ご相談ください!